雛人形 ひな人形 【2019年 新作】 久月 ひな人形 親王飾り 平飾り 重陽の節句(重陽の節句/大人の雛まつり/雛/平飾り/親王飾り/お雛様/お雛さま/おひなさま/ひな祭り/雛祭り) 人形広場:人形広場 雛人形・五月人形専門店 - 2f426

2019-10-27
カテゴリトップ>雛人形>雛人形を飾り方で探す>平飾り
雛人形 ひな人形 【2019年 新作】 久月 ひな人形 親王飾り 平飾り 重陽の節句(重陽の節句/大人の雛まつり/雛/平飾り/親王飾り/お雛様/お雛さま/おひなさま/ひな祭り/雛祭り) 人形広場
人形広場オリジナル名前旗はこちら



エントリーしてください!

お気軽にお問い合わせください。048-757-0128
商品名人形の久月-大人の雛まつり-重陽の節句
商品番号14kyu-go-5934
ブランド名久月
サイズ間口(横幅)77×奥行45×高さ39(cm)
お得な特典つき!
注意事項

■配送について

※30000円以上のお買い物で全国送料無料、代引き手数料無料になります。

■お届け日時

※お届けまでに数日〜2週間程度のお時間を頂いております。

■免責事項

※雛人形は手作り品のため、多少の色ムラや細かいほつれがあることをあらかじめご了承下さい。
※雛人形は、一点一点が手作りです。同じ生地を使いましても、模様の出方によって雰囲気が変わる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。
※商品画像はなるべく忠実に撮影しておりますが、モニターなどによって、異なる場合や、また、天然素材を使いますので、木目や風合いは異なる場合がございます。
※商品は豊富に用意しておりますが、時節により、万一完売の際はご容赦下さいませ。

おすすめポイント!
子どもの頃、自分だけの雛人形を飾りたいけど出来なかった・・・そんな大人の方のための雛人形として飾って頂けます。
こちらの「重陽の節句 後の雛」は、大人の雛人形として、お母様やお祖母様の健康を願って、お祝いのプレゼントでご購入して戴くことも多いです。

旧暦9月9日(現代の10月中頃)は、ご節句の一つ「重陽の節句」です。
菊の花が咲く季節から、「菊の節句」とも呼ばれています。
3月3日の「桃の節句」の後にある9月9日(旧暦)は、菊を用いて“不老長寿”を願い雛人形を飾ることから、「後の雛」また“大人のひな祭り”として、五節句を締めくくる大切な行事です。

日本では、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)があります。
(1)1月7日の 人日の節句(七草粥)
(2)3月3日の 桃の節句(ひな祭り)
(3)5月5日の 端午の節句(菖蒲の節句)
(4)7月7日の 七夕の節句(笹の節句)
(5)9月9日の 重陽の節句(菊の節句)

古来より、奇数は縁起の良い“陽数”とされ、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。
お目出度いことは、反面悪いことにも転じやすいとも考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。
中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、
寿命を延ばすと云われる“菊”を用いて、健康と長寿を願い、繁栄を祈る行事をしてきました。
命を尊び、風情あふれる「重陽の節句」を、“大人の雛まつり”として、「後(のち)の雛」を飾ってお祝いしましょう。


雛人形/衣装着ひな人形/久月/平飾り/親王飾り/シック雛/束帯十二単雛/76cm〜85cm

人形の久月
大人の雛まつり-重陽の節句-

親王飾り

横幅 77×奥行45×高さ39(cm)

節句人形アドバイザーの、おすすめポイント!

子どもの頃、自分だけの雛人形を飾りたいけど出来なかった・・・そんな大人の方のための雛人形として飾って頂けます。
こちらの「重陽の節句 後の雛」は、大人の雛人形として、お母様やお祖母様の健康を願って、お祝いのプレゼントでご購入して戴くことも多いです。

旧暦9月9日(現代の10月中頃)は、ご節句の一つ「重陽の節句」です。
菊の花が咲く季節から、「菊の節句」とも呼ばれています。
3月3日の「桃の節句」の後にある9月9日(旧暦)は、菊を用いて“不老長寿”を願い雛人形を飾ることから、「後の雛」また“大人のひな祭り”として、五節句を締めくくる大切な行事です。

日本では、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)があります。
1月7日の 人日の節句(七草粥)
3月3日の 桃の節句(ひな祭り)
5月5日の 端午の節句(菖蒲の節句)
7月7日の 七夕の節句(笹の節句)
9月9日の 重陽の節句(菊の節句)

古来より、奇数は縁起の良い“陽数”とされ、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。
お目出度いことは、反面悪いことにも転じやすいとも考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。
中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、
寿命を延ばすと云われる“菊”を用いて、健康と長寿を願い、繁栄を祈る行事をしてきました。
命を尊び、風情あふれる「重陽の節句」を、“大人の雛まつり”として、「後(のち)の雛」を飾ってお祝いしましょう。



豪華15特典

商品詳細

江戸時代より人形専門店の「人形の久月」。
江戸時代・天保六年に創立され、百七十年の歴史を有した日本を代表する人形の製造問屋・老舗久月がおくる「久月ブランド」の大人のための雛人形・親王飾り(二人雛)です。

五節句の一つ、旧暦9月9日「重陽の節句」で、“不老長寿”を願って飾るひな人形です。
こちらの「大人の雛まつり 重陽の節句」シリーズの「後(のち)の雛 親王飾り」は、お目出度い“赤富士”がデザインされた金屏風セットに、上質衣装を身にまとった、束帯十二単(男雛の正装が「束帯」に対して、女雛の正装が「十二単」です。もとは宮中の正装として用いられていました。)のお雛様です。
男雛には白、女雛には赤を基調とした、京都西陣織物の人絹、高級衣装です。
伝統美を上品な色柄で演出した、衣装着雛人形の親王飾り(二人雛)です。
大人になって飾りたい・・・そんな重陽の節句らしい、粋な和のデザインに仕上げています。

旧暦9月9日(現代の10月中頃)は、ご節句の一つ「重陽の節句」です。
菊の花が咲く季節から、「菊の節句」とも呼ばれています。
3月3日の「桃の節句」の後にある9月9日(旧暦)は、菊を用いて“不老長寿”を願い雛人形を飾ることから、「後の雛」また“大人のひな祭り”として、五節句を締めくくる大切な行事です。
命を尊び、風情あふれる「重陽の節句」を、“大人の雛まつり”として、「後(のち)の雛」を飾ってお祝いしましょう。


【写真1】女雛の正面からのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真2】女雛の斜めからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真3】女雛の斜めからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真4】女雛のサイドからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真5】女雛の後ろからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真1】男雛の正面からのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真2】男雛の斜めからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真3】男雛の斜めからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真4】男雛のサイドからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。


【写真5】男雛の後ろからのお姿のアップです。
京都西陣織物の上質衣装です。

女雛のお顔のアップです。
凛とした中にも穏やかな表情のお顔です。

女雛のお顔のアップです。
凛とした中にも穏やかな表情のお顔です。

男雛のお顔のアップです。
凛とした中にも穏やかな表情のお顔です。

男雛のお顔のアップです。
凛とした中にも穏やかな表情のお顔です。

瓶子に水引で飾られた熨斗(のし)に、寿命を延ばすと云われる“菊”を用いています。

桜橘(サクラたちばな)のアップです。

雪洞(ぼんぼり)のアップです。
※雪洞(ぼんぼり)は、実際に灯りがつきます。電池を使用する、コードレスタイプです。

台屏風セットのアップです。
お目出度いとされる“赤富士”がデザインされた、お祝い事には欠かせない金屏風のセットです。

良心価格、安心品質宣言

安心の飾り方DVD付!雛人形 ひな人形 おひなさま 雛 平飾り
価格
157,142円 (税込169,713 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
3日〜4日以内に発送いたします
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
のし対応 のし記名可